機械設計・製作(加工・組立・開発)・旋盤・フライス・レーザー加工・簡易成形(シリコン型)・ワイヤーカット・組立作業
マシ技研 ものづくり仲間の一致団結が逸品を創出する
機械部品製造、設計、組み立てをトータルサポート
Powered by
マシ技研
ホーム製作内容一覧ご注文についてお見積りについて会社案内図お問合せサイトマップ

会社概要

植木育夫
代表取締役社長
植木育夫

社名 有限会社マシ技研
所在地 〒216-0022 神奈川県川崎市宮前区平5−6−36
TEL 044-888-3294
FAX 044-877-2515
E-mail info@mashi-net.com
URL http://www.mashi-net.com/
設立年月日 昭和57年8月1日
資本金 700万円
取引銀行 川崎信用金庫 向ヶ丘支店
代表者 代表取締役社長  植木育夫
事業内容 組電線(ワイヤーハーネス)用検査治具製作
機械部品設計製作
簡易成形製作
レーザー加工.(アクリル・鉄板・アルミ・ステンレスほか).
オリジナルハンドメイドソープ製作
主要設備 マシニングセンター、フライス、旋盤、ペンチレース、ボール盤
タッピング、レーザー加工機、シャーリング、ベンダー
セットプレス
人員構成 総員14名...(男性:8名・女性:6名)
その他 川崎商工会議所会員 神奈川県中小企業家同友会会員
向ヶ丘工友会会員

→印刷をする場合はこちらをご利用ください。


マシ技研 スタッフ

会社沿革
1973年 社長植木育夫が共同電機(株)より独立。自宅物置にて機械部品の設計と加工事業を開始。マシ研究所創業。
1978年 第1工場が完成。横浜テクニカ(株)機械部品製作開始。従業員2名体制。
1982年 有限会社マシ技研設立。
1984年 第2工場が完成。ワイヤーハーネス製作開始。従業員20名体制。簡易成形事業開始。
1988年 第3工場が完成。従業員30名体制。組立、簡易成形、機械設計製作、開発部の各セクションがフル稼働状態になる。
1991年 第4工場が完成。レーザー加工機導入。レーザー加工機導入により、それまでの数倍の作業効率化を達成。
1994年 事業効率化により、第3工場を閉鎖。
1999年 既存事業の仕事量減少にともない、新事業、提案型事業への取り組みを強化。中小企業のネットワークを構築して、製造技術の相互協力体制を強化。ホームページ公開によるものづくりの全国展開開始。
2001年 緩衝材製造機「新聞紙モッこん」販売開始。
2002年 オリジナルハンドメイドソープの販売開始。

Copyright 2006 Mashigiken All rights reserved.